30代後半に突入したころから、頬のたるみが

年齢よりは若く見えると言われてきましたが、30代後半に突入したころから、頬のたるみが気になってきました。そこで始めたのが、簡単にできるリフトアップ・マッサージです。朝晩の洗顔時と、入浴中に必ず行うようにしています。
マッサージを行うのは、頬と目元、そして鼻の脇です。まず、両方の手で顔を包み込むようにして顎を抑え、下から引っ張り上げるようにして頬をマッサージ。次に、左右の薬指で、左右それぞれの目元を内側から外側へ向けて、ゆっくりとなぞるようにマッサージします。最後に、中指でそれぞれの鼻の脇を下から上へとなぞるようにマッサージします。それぞれ5回ずつ繰り返した後、もう一度頬のマッサージを行います。このマッサージは、ずいぶん前に雑誌に載っていた美肌お婆ちゃんの秘伝術なのですが、短時間でできるのがポイントです。マッサージすることで顔の筋肉をほぐすことができ、血行もよくなるので、むくみやくすみも改善し、医学的な根拠もちゃんとあるようです。
ちゅらトゥースホワイトニングの効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です